不動産を売りたい方へ

不動産をより有利な価格で売却するには、単にニーズのマッチングだけではありません。 費用をできるだけ圧縮し、投資効率を高めるためのお手伝いをすることが、すむぞうの役目です。
そこでまず、すむぞうがトライしたのは、仲介手数料をより安くするという試み。
大きなお金が動く不動産売買にはさまざまな費用が必然的にかかってきますが、なかでも大きなウェイトを占めるのは 実は仲介手数料なのです。

売買仲介手数料はおいくら?

売買手数料については、法律で上限が定められています。
「売買価格の3%+6万円」が不動産の取引にかかる仲介手数料の法定上限です。
したがって、物件価格が高ければ高いほど手数料もどんどん高額になっていく---これがいわば常識になっています。
すむぞうの出発点は「なぜ物件価格が高いと手数料も上昇するのか?」という小さな疑問。
不動産の売買にかかる作業を緻密に分析し、効率化をはかりました。
その結果、スリムな不動産取引という新手法を編み出すことに成功したのです。

すむぞうの売買にかかる手数料は10万円だけ!

すむぞうでは、仲介手数料は一律10万円です。
1000万円の物件でも、1億円の物件でも、仲介手数料は10万円しか頂きません。

その経済効果を見てみましょう。

例:5000万円の物件を売却するケース
一般の不動産会社が採用している仲介手数料の算定
5000万円×3%=150万円
150万円+6万円=156万円
仲介手数料・・・合計:163万8千円(税込) すむぞうの仲介手数料
物件価格にかかわらず、一律10万円 仲介手数料・・・合計:10万5千円(税込)

お客様のお手許には、153万3千円も多くの売却資金が残ります。


もちろん、この計算式は、不動産を購入するときも同じです。
投資用の不動産を購入される方にはとくにメリットが大きいのが、すむぞうの料金システムです。

なお、不動産を貸される方、大家さんにはたいへん有利な賃貸管理システムを用意しております。
あわせてお問い合わせください。